FC2ブログ
岐阜県(中濃・南飛騨)の公衆便所を取材してきました。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恵那市山岡・飯高観音のトイレ
便所探検隊は恵那市山岡町・飯高観音の便所に立ち寄りました。
2003年夏の撮影当時、外観は割と新しいのに中の造りおかしいため撮影した次第。
汲取式で小便器の配管がなく、壁式小便器と大差ない臭気を放っていました…夏だったから尚更。
陣容は男子小3大1・女子4(多分オール和式)、便槽はセキスイトイレ(臭突先端ファンが茶色)。
折角の寺社仏閣らしい外観が泣いていましたが、下水道がないから仕方ありません。
飯高観音2003飯高観音便所表外観飯高観音便所外観裏飯高観音便所汲取口
飯高観音便所小DQN飯高観音便所和式
成人男子でも使いにくかったですが…たまたま入ってきた小学生の女の子は和式ボットンを見るや否や逃げ出しました(爆)後はどうなったか知りませんが。

あれから15年…改めて再取材です。
飯高観音2018飯高観音トイレ2018表飯高観音トイレ2018裏
外観はさほど変わっていませんが、裏に水道配管が追加され汲取口や臭突がなくなってます!便器の数は変わらず。
ここは浄化槽が入り水洗化されていますが、一方付近の民家は今も臭突があり下水道が来てない様子です。

アンモニア臭と尿石汚れで成人男子でも近寄りづらかった小便器地帯は綺麗にリフォーム済。器具はINAX製
飯高観音2018小便器飯高観音2018小ロゴ
近年の水洗化&洋式化の波に乗って大個室もグレードアップ!暖房便座付INAX便器です。
紙巻器がシングルなのが残念ですが利用者少ない寺社なら問題なかろう。
飯高観音2018洋式飯高観音2018大ロゴ

洗面台に便所竣工時代からの生き証人が!他の黒INAXに対してこれだけ青INAXロゴです。
今やこのトイレで異彩を放つ器具でしょう。隣の流しのロゴを取り忘れたのが痛いです。
飯高観音2018洗面器飯高観音2018洗ロゴ

なんと!これが当ブログ初「劇的ビフォーアフター」比較事例となりました。
以前別サイトに載せていた画像データを残しておいてホントによかった!!(爆)
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

タイトルはいつも悩んでしまいますのですみません…

飯高観音のトイレは以前は非水洗トイレだったのですね。
おまけに朝顔の方は排水管もなく排水に接続されていない為不衛生そうですね…

それが水洗化され綺麗なトイレになったのですね。
水洗化に簡易水洗便器を使用せず水洗便器を使っていることも衛生的だと思います。

沖縄県今帰仁村の海水浴場でも非水洗から簡易水洗に水洗化されたところがあり、簡易水洗も見たのも唯一1箇所です。

因みにご存知でしょうか?
お便所板さんも田舎の駅の非水洗トイレをよく紹介していましたが、閉鎖されましたね。
その方のブログも味わい深かったのでよく拝見していました。
TOYO | URL | 2018/06/01/Fri 22:58[EDIT]
非水洗→水洗物件よもやま
> タイトルはいつも悩んでしまいますのですみません…

いつも古典的物件(笑)へのレス有難う御座いますm(__)m
アメブロはコメントにタイトルが付けられないから致し方ないかもしれませんが、おそらく今回付けるべきタイトル名は文面から「非水洗トイレ」が入っていればokです。
無論それだけでも伝わりますが(笑)今回のTOYOさん向けタイトルは「こうすればより伝わる」を主眼に置きました。そこんとこヨロシク~!

> 飯高観音のトイレは以前は非水洗トイレだったのですね。
> おまけに朝顔の方は排水管もなく排水に接続されていない為不衛生そうですね…

はい、建物が新しい割には不衛生でした(爆)
記憶から当時の非水洗便器が青INAXロゴで便槽からの臭突が細かったので90年代竣工と思われます。
現在は非水洗物件を取り壊して別途水洗トイレを設置するのが一般的ですが、ここはまだ資産価値があったからリフォームにしたんでしょう。
本水洗化したのは立派ですが、費用の捻出は大変だったと思います。お寺なら檀家さんの負担が大きかったかも。

> 因みにご存知でしょうか?
> お便所板さんも田舎の駅の非水洗トイレをよく紹介していましたが、閉鎖されましたね。
> その方のブログも味わい深かったのでよく拝見していました。

そこの田舎の駅便所(当然ボトーソ)は確かに昭和の趣がありました!
実際使うのはキツイものが多数あり、撮影も臭気や照度などの問題で大変だったと思います。
お便所板の閉鎖は痛いですが、自身それ以外に数多くの駅便所系サイトを見てきました。
ネットサービスは突然終了となるケースが多いので基本あるうちに見ておくべし!!
できれば画像保存や印刷などして自力でいつでも見れる体制を作りたいですよね(笑)もちろん著作権も絡むのであくまで個人的利用に限りますが。
参考までに過去のトイレサイト・ブログへのリンクを張ったリンク集が現存していますのでアドレス載せました。リンク切れが多数あるかもしれませんがそちらもどうぞ!!
ヒラタツ@便所探検隊 | URL | 2018/06/02/Sat 11:26[EDIT]
このギャップは・・・すごい!
それほど雰囲気は古そうにないのに、朝顔は垂れ流しですし、見た目が悪いですね・・・。
それが現代チックな機器になったことで清潔さも上がりましたし、大便器もアメージュCに暖房便座と快適性も抜群ですね!

簡易水洗ではなく、本水洗になったことで、臭いも気になりませんね!
A-Harekuni | URL | 2018/06/12/Tue 19:53[EDIT]
Re: このギャップは・・・すごい!
A-Harekuniさん、こんにちは。

> それほど雰囲気は古そうにないのに、朝顔は垂れ流しですし、見た目が悪いですね・・・。
> それが現代チックな機器になったことで清潔さも上がりましたし、大便器もアメージュCに暖房便座と快適性も抜群ですね!

はい、たしかに初めて見たときは外観と中身のギャップのひどさに唖然としましたよ!
ただ下水道も浄化槽もなかった環境だからしゃーないと思ったものですが。
どうせなら改築する前に浄化槽を入れる決断をしてほしかったですが…ただ予算の都合などもあっただろうから難しいですね。
さすがにブーイングが出たのか?見事に現代的な機器に入れ替えたのは評価できます。

> 簡易水洗ではなく、本水洗になったことで、臭いも気になりませんね!

むやみに簡易水洗にできなかったのは便槽の容量もあったと思います。
ボットンから簡易水洗に変更すると1.5~2倍のタンク容量が必要になりますから、容量が対応していなければ汲取り回数を増やす他なく、汲取り経費も莫迦にならないのであれば本水洗化に傾くことも考えられます。
男子側はあの小便器の垂れ流し配管こそが最大の問題でした、それがなくなっただけでも大助かりです。
女子側にしても半穴とはいえ穴の大きさは用足しに不安を感じさせたはずですし、簡易水洗だと流しまくってすぐ便槽が満杯になると予測されれば本水洗にせざるを得ないでしょう。

これでようやく安心して使えるトイレになったというか。
ヒラタツ | URL | 2018/06/14/Thu 06:15[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 便所探検隊・岐阜県支部(更新停止). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。