FC2ブログ
岐阜県(中濃・南飛騨)の公衆便所を取材してきました。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレ取材サイトにおけるINAX派、TOTO派
トイレ取材サイト・ブログ作成者に衛生陶器ファンは少なくありません。
自分もその一人、好きな衛生陶器メーカーは「伊奈製陶」…それも多くの衛生陶器愛好家が怖がるあの「ina」マークが好き!(爆)

トイレ取材者の多くはTOTO(東陶機器・東洋陶器)派、なぜかINAX派は我輩のみです!!(爆)やはりシェアが少ないからでしょうか!?
※かくいう自宅は松下電工系工務店ゆえの松下便器、温水洗浄もPanasonic!(笑)これも珍しい

自分のトイレ取材傾向を見ていると、TOTOはコーナー便器(CS510系統)以外は無頓着、逆にINAX(特にinaマーク)便器を見るとテンションが上がって撮影しがち。
しかし肝心のボットン便所の便器ロゴマークを撮影しているのは稀…暗すぎて撮れない・恐怖を感じる・空間が狭い…などの環境が原因です。
尤もINAXかTOTOかは外見から見当がつく自分。和式なら後方の丸み、小便器も不自然な形かどうかが識別ポイント。
肥満体系の便器直結タンクを見かけたら恐怖のinaマークなので嬉しいですね(笑)
汲取式便器で角型の金隠しだと大概inaなので思わず取材します!(爆)

自分がINAX(伊奈製陶)派である理由は、ずばり中京地区が伊奈製陶(愛知県常滑市)のお膝元だから。
実際岐阜県内の昭和時代後期物件はina,INAXのロゴが入っている便器が多く、納入価格や納期などが影響していると思われます。ただ物流が発達した今はTOTO便器が増えてやや食傷気味ですが…。

INAX派の便所取材仲間が居たら、イナ伊奈い~な♪
スポンサーサイト
Copyright © 便所探検隊・岐阜県支部(更新停止). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。