FC2ブログ
岐阜県(中濃・南飛騨)の公衆便所を取材してきました。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南飛騨健康道場のトイレ
本日は下呂市萩原町に滞在していました。
天領朝市をはじめ、いろんな用事があって訪問した後、ふとこんなところを訪れました。

南飛騨健康道場の屋外にあるトイレを撮影しましたのでご覧ください。
売店の隣にあるのですぐ判るかもしれません。
珍しいトイレ外観珍しいトイレ和式
珍しいトイレ説明
外観は普通のログハウス風男女共用トイレですが…中身は少し変わっていました。
便器は和式兼用型ですが、常時水が流れており、用を足した後に水を流す必要がありません。
ここでは特に催してなかったので用も足さずに撮影だけで終わってしまいましたが、実際使用してみれば少しは判ったかも知れません。
ちなみに盗聴電波受信機・盗撮カメラ発見器を使ったところ何の反応もありませんでした…実はここ、夏休み恒例の光の祭典系イベント「四美ナリエ」目前なので一応チェック。イベント直前に仕掛けられる危険が高いので、便所探検隊が怪しまれる前に調査しました。

ついで本館もチェック、こちらは様々な健康測定器具もあり自分で其々調べられます。
健康道場の外観道場内男子トイレ
見てのとおり何の変哲もない水洗トイレで、陣容は男子側で小2大1(洋式)、便器はTOTO。女子側は不明です。
念のためここも盗聴盗撮調査、入口地点で電波反応なし、個室内もカメラ反応なしでした。普段は夕方の閉館で入れない場所になりますがイベント開放される可能性があるため一応チェックです。
スポンサーサイト

下呂市萩原町中心部のトイレ
下呂市萩原町中心部のトイレを取材しました。

・十六館
十六銀行萩原支店のそばにあるトイレで、天領朝市など萩原町中心部のイベントで使われる駐車場に近いです。
そのトイレを取材しました。
十六館脇トイレ全景バリアフリー
和式小便器
男子トイレは小2和1。簡易チェックの結果、盗聴盗撮カメラ反応はありませんでした。
バリアフリートイレもあり、簡易チェックの結果特に反応なし。
※洋式を使いたい人はバリアフリーの便器を使って下さい。

・星雲会館
ここは萩原中央公民館や下呂市萩原庁舎など萩原町の中枢施設ともいえます。
そのトイレを取材しました。
星雲会館小
洋式
1F男子トイレの陣容は小6大2(和1洋1)。建物自体は古いですが定期的に改装されており当日は耐震工事の真っ最中でしたがとりあえず中は使えるようになっています。
念のため盗聴盗撮探知機で簡易チェックしましたが特に反応ありませんでした。入口での電波チェックも反応なし。

可児駅周辺のトイレ取材
皆さんこんにちは&お待たせしました!
小型の盗聴器・盗撮カメラ探査機を入手したので、久々に大々的なトイレ取材を再開することになりました。
そこで地元の岐阜県可児市・美濃加茂市周辺のトイレを取材してきました。

まずは可児市立図書館から。
DSCN0545.jpg
DSCN0547.jpg
DSCN0546.jpg
画像は順に、建物・小便器・大便器。見てのとおり三階建、トイレは各階に設置です。
例によって我輩は男性ですので男子トイレだけの取材になります。
小便器は各階二つ、大便器は和式で各階一つ。1階には車椅子用洋式便器がひとつあります。
ただしその分女子トイレの和式便器が少ないので女性の方は洋式トイレとの併用で混雑を緩和したほうがいいかもしれません。
ちなみにどのトイレも盗聴機などの電波反応はありませんでした。

次に可児市広見公民館のトイレです。
DSCN0550.jpg
DSCN0549.jpg
DSCN0548.jpg
トイレ自体は3か所にありますが、いずれも男子トイレの便器数は小3、和式1、洋式1。
いずれもペーパーの替え玉は準備されています。
ちなみに男女ともトイレ入口で電波チェックするも反応なしでした。さすがにこういう場所では管理人が掃除するから発見されやすいのかもしれませんね。

最後に、可児駅前のトイレです。
DSCN0551.jpg
DSCN0552.jpg
DSCN0553.jpg
駅前だけあって取材には細心の注意を払いました。盗撮と間違われる危険が大きいからです。
男子トイレの陣容は小2・大1(和式)。あまり汚れておらず替え玉もあるので安心。
さらに盗聴器や盗撮カメラの反応もありませんでした。電波反応・カメラ反応ともになし。安心して使えます。
※ていうかこんな地方都市に盗撮カメラが跋扈していたら怖いよぉ~!!(爆)

おまけ:盗撮カメラが気になる方へ
最近は電子機器の小型化により盗撮カメラも気づかれにくいものが発売されています。
電波を発するものは電池の減りが早いので人感センサーつきのメモリー型が主流のようです。
形状もいまや女子トイレにあると便利なフック型がありますので、取り付け位置が怪しいと思ったらセキュリティ会社や警察などに相談・通報して下さい。
我輩は男性ですのでイザという時に協力しづらいです。女性の皆様は協力的な男性パートナーを探すのが第一かもしれません。周囲にアマチュア無線をやっている方がいれば頼んでみるのも一策でしょう(無線機器には詳しいので頼りになりますよ)。
※そのうち自分がこの取材で培ったセキュリティ対策の市民講座を実施することになるかもしれませんが、今はまだ情報収集の段階です。期待しない程度でお待ち下さい。

トイレ撮影における基本テクニック
便所探検隊・岐阜県支隊のホームページが管理できなくなったので、当ブログへ基本テクニックの記事を移植します。

トイレを扱うホームページが増え、最近はそれにつられて地元中心のトイレ写真紹介ページも増えてきました。
しかしトイレというところはとにかく多くの人間が出入し、また盗撮などの問題から白い目で見られる危険もはらんでいます(爆)
そこでまず、トイレ撮影の基本から…。

1.すべての場所において、利用者が居ないことを確認する。許可を取らない場合、これが基本中の基本
 男女共用なら女性利用者が居ないときを狙うこと!盗撮犯と疑われてはいけません。その場合は出てくるまで待つべし。

2.誰かの許可をとる:本来ならこれが基本でしょう。
 駅ならば駅長など駅員に話を持ち掛けるのもイイかもしれません。ただし決め事は守ること!
 許可を貰えれば晴れて公然と取材できるのですが、面倒かもしれません。実際そんなとこ見たこともないし。

3.取材してHPに載せるときは悪口を書かない:これも重要なことです。
 書くならばありのままの現実をそのままに、無駄に注釈を加えないことも重要です。問題点も事実通りに書くべし。
 あまり悪口ばかり書くと誹謗中傷と判断され、名誉毀損で訴えられる危険がありますので程々に。
 せめて「ボットンは周辺環境上やむを得ないかもしれないが、できれば簡易水洗にするべき…」など周辺を見ることも大事です。

4.撮影はデジカメがベター。携帯電話のカメラだと撮影時に音がするため、怪しまれる恐れがあります。
 当然フラッシュは厳禁…となると手ブレの影響が大きく出ます。撮影時は手足を動かさないことも重要なのです。

5.デジカメは逆光に弱いです。できる限り順光になるようアングルを決めるのも大切でしょう。取材経験から判明したこと
 そう考えると天候は晴より曇りの方が便所撮影に向いていることになりますが。

 ではトイレ撮影のポイントとなる画像の構図です。

1.まず便所の外観。建物全体と入口は必須、そして周囲の建物も取るとイイかもしれません。

2.小便器があれば周辺が見えるように、大便器個室は便器を中心に、紙ホルダーがあればそれも写るように撮りたいですね。

3.汲取式の場合、臭突やマンホールも撮影するといいでしょう…水洗化で最近数を減らしていますので貴重な資料と銘打って撮影する人も居ます。

以上原文ママです。
最近自身は公私とも多忙のためあまり便所探検隊らしい活動ができていませんが、それも以前に比べてトイレ盗撮と間違われる危険が高くなってしまったことが挙げられます。
もしそれを回避できる手段が見つかれば再度参加したいですが…かくなる上はトイレ盗撮カメラ発見のボランティア活動ができる装備を身につける必要がありますね。
なので盗撮カメラ発見器を入手したらまたトイレ取材を再開したいと思います。アマチュア無線家なので周波数カウンターはほしいですねぇ。
Copyright © 便所探検隊・岐阜県支部(更新停止). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。