FC2ブログ
岐阜県(中濃・南飛騨)の公衆便所を取材してきました。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬山成田山のトイレ。
便所探検隊は岐阜県のみならず、愛知県にも足を伸ばすことがあります。
地元に一番近い他県の都市といえば愛知県犬山市。初詣で混雑する犬山成田山のトイレを取材しました。
犬山成田山

ここは以前から尾張地方随一の交通安全の祈祷場所。自動車社会たけなわの愛知県だからかここのお守りは結構よく目にします。
その入り口に近い側のトイレです。
犬山成田山トイレ外観

元々ここの便所は男女別ながらも和式主体でしたが、最近はライフスタイルの変化とともに洋式に変わっていました。
名古屋鉄道が寄進しているからか!?常滑が本拠地のINAX機器が導入されています。

小便器:INAX U-209?(逝ってよし) 青INAXロゴなので2010年以前に設置されたと思われます。
成田山トイレ小成田山トイレ小ロゴ

大便器(洋式):LIXIKL/INAX 形式不明 暖房便座なし 製造年はおそらく2013年以降
銘板未撮影ゆえ形式不明ですが、穴の開き方からしてトルネード水流フチなし便器と思われます。
犬山成田山トイレ洋式犬山成田山トイレ洋式ロゴ
紙ホルダーはダブル。温水洗浄や暖房便座がないのはパブリックトイレならやむをえません。
暖房便座設置でさえ電気工事を伴い、まして温水洗浄は電気容量も結構必要とします。
ホームセンターで売られている1.6mm-VVFケーブルだと250V/15Aまで対応できますが、15Aで連続使用すると発熱するので10A以下にしないといけません…そう考えると暖房便座もあまり多くはつけられませんが。
自身トイレ取材者には珍しく電気工事士免状も保有しているのでトイレと電気設備についても今後述べる可能性があります。

…まだほんの一部ですが、そのうちこの寺社のすべてのトイレを取材したいと思います。
寺社トイレの取材と言えば奈良県「はっはっはのトイレ」が大先達、あそこはデータ量が多く各種評価もなされていました。
自身も一時期それに倣っていましたが…画像を増やして評価は廃止。結局一時の取材ごときでは判別できません。
ただ自身の寺社トイレ取材事例はまだ少ないです…目に留まるトイレがそれほど多くなく、最近のリフォームなどで姿が変わった物件も多いので取材したいのは山々ですが、いかんせん業務多忙かつ多趣味で時間が割けないのが辛いところ。
スポンサーサイト

高山本線・猪谷駅・楡原駅のトイレ+α
2010年初夏に富山県へ出かけたときに撮影しました。
美濃加茂からR41号を北上、途中からR360、R417号経由で行くと完全に高山本線沿いになります。途中踏切を横切る箇所が結構ありました。

猪谷から北は比較的開けていますが、既に猪谷から先は富山市なんですね…平成の大合併恐るべし(^^;
JR西日本・高山本線 楡原駅。元来汲取式だったところを水洗化した跡があります。
内容は男子側が和式1小1。便器はTOTO製です。
Image312.jpgImage313.jpgImage314.jpg

つづいてJR西日本・高山本線 猪谷駅。
以前あった汲取式便所が取り壊され、別の場所に車椅子対応の水洗式トイレが設置されました。
男女別で男子側は洋式1小1。もちろん水洗式です!
…やっと中堅駅(特急停車)に相応しいトイレになったのに既に神岡鉄道はありません(2006年廃止)
Image315.jpgImage316.jpg
Image318.jpgImage317.jpg


一方、JR東海管轄側には相変わらず汲取式で放置された駅が存在。
白川口~飛騨金山間にある下油井駅。男女共用、大小各1(便器メーカー不明)、紙は非設置。
※駅舎は建替えができず、旧態依然で放置されています。
Image319.jpgImage320.jpg
Image322.jpgImage321.jpg

名鉄善師野駅の便所
最近名鉄(名古屋鉄道)広見線ではトランパスシステム導入に伴い各駅で工事が行われています。無人駅にも立派な駅舎が建つています。
名鉄広見線善師野駅

この善師野駅からは東海自然歩道のコースがあり、駅前に便所があります。しかし工事中に付きこの便所はどうなるのか!?興味深いものがあります。
善師野駅前公衆トイレ

この駅の小便器は壁式といって、昔ながらのセメント+側溝方式で尿を便槽に集めます。夏場は悪臭が強烈!!それゆえ最近は廃れてしまいました。
壁式小便器

大便器は非水洗、いわゆるボットン便所です。紙が貼りついていて気持ち悪いです。においはそれほどでもないですが、やや汚なめ。
大便器・ボトーソ


しかしこの駅も近くに団地ができつつあるため、そのうちこの便所も水洗化されるかもしれません…どうなるやら。

高速バスとターミナルのトイレ
本日は可児から高速バスに乗って名古屋栄へ出かけました。
パーク&ライドの駐車場がある東濃鉄道バス可児車庫から出発…その際に高速路線バスを記念撮影しました(笑)日産ディーゼル製のシャーシに富士重工7HD(ハイデッカー)ボディ搭載しています。可児車庫のバス

つづいてバスの銘板も撮影。かつて富士重工はバス車体生産トップだったものの現在はバス製造実績が少なく製造終了だとか。東濃鉄道は最後の富士重工製バスを保有していることでも有名です。
マルフ:富士(フ)重工

バスは可児市役所・姫ヶ丘を経て多治見北西部をかすめ、多治見インターから中央道へ入る。各バス停から1~2名ずつ乗ってきて合計10名…結構分散しているようです。バス停に近い利用客にとっては駅に出るより便利なはずですからこまめに拾って正解ですかねぇ(^^)
中央道にある桃花台バス停で途中停車、2名乗車…高速バスの乗換不要の利便性も捨てたものではなく、乗り慣れている感じすら覚えました。桃花台線(ピーチライナー)が乗客減で廃止されたのも高速バスに敗れた結果か!?
小牧ICから名古屋高速経由で名古屋栄へ、スムーズに来れたものです(笑)可児から栄へ直通する交通機関が他にないのか、拙者も含め大半の客が降りました。栄にて撮影


大須の電気街に3時間程度滞在したあと、オアシス21(バス乗り場)を散策。名古屋市営バスのほか各地への遠距離高速バス発着場でもありコンビニや軽食コーナーのほか、最新式のトイレも備わっていました。威風堂々たるターミナルだなぁ
入り口は画像右から男性用・多機能型・女性用の3種類、音声案内もあります。
オアシス21のトイレ

男性用をチェック。人が離れると洗浄する自動水洗です。
オアシス21男子用

大便器は洋式1基です。紙も備わって綺麗そのもの。
オアシス21大便器

帰りは昼過ぎで乗客は5名程度。桃花台で1名降客、桃花台線なきあとの交通機関として認知されているようでした。このあと可児市役所までに拙者以外の乗客は降りていきました…。

可児車庫に戻ると朝出払っていたバスが待機していました。やはり朝の出勤タイムの利用が多いのか。バスマニアには分かると思いますが、シャーシが日産ディーゼル、ボディが西日本車体工業製S型です。とうてつバスS型NSK

つづきを表示
Copyright © 便所探検隊・岐阜県支部(更新停止). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。